☆中心街活性化めざしマルシェ構想
 【滝川】滝川商工会議所はこのほど、中心市街地の活性化を目指し、複合施設「滝川版マルシェ」実現の可能性を探る特別委員会を設置した。25日には道内の先進地視察を行うなど検証を重ね、今年度内にも構想案をまとめる。


☆消防署員、突風でトタン屋根に巻きこまれる
 【滝川】大型の台風18号が北海道に上陸した18日午前、市内栄町の中心街空き家店舗で剥がれたトタン屋根の撤去作業をしていた消防署員3人が、一瞬の突風で剥がれたトタンに巻き込まれるアクシデントがあった。


☆砂川柳通りに焼鳥店オープン
 【砂川】西1南1の柳通りに焼き鳥店「とり輔」(増井宏輔代表)が21日にオープンする。国内産の鶏を使用し、串は毎日手で刺すこだわり。増井さんは「自分の納得する味の焼き鳥店を地元で構えたい」という長年の夢を実現させた。


☆砂川ブラススタイルが結成5周年ライブ
 【砂川】砂川ブラススタイル実行委員会(水島聖一委員長)は結成5周年を記念したライブを24日に地域交流センターゆうで開催する。自主企画のライブは3年ぶりの開催となる。


☆温泉宿泊券当たるキャンペーン/北海道イオン10周年
 【滝川】10周年を迎えたイオン北海道が22日から、道内各店舗で誕生10周年祭を開催する。イオン滝川店(笠井薫店長)でもお得なセールのほか道内温泉宿泊券などが当たるキャンペーンなどを展開する。


★イタリアのテレビ局が岩見沢の百餅祭り取材
 【岩見沢】イタリアの人気テレビ番組で監督を務めるルカ・レチェッゼさん(41)が17日、岩見沢に「ふるさと百餅祭り」を取材に訪れた。世界一の大臼によるダイナミックな餅つきをテレビカメラに収め、日本の伝統文化に目を見張っていた。


★岩見沢市内の中学生5人が柔道の全国大会に
 【岩見沢】市内の無窮館柔道塾に所属する光陵中3年の小島快斗くん(15)ら中学生5人が、今月24日から足立区の東京武道館で行われる「マルちゃん杯全日本少年柔道大会」に出場する。


★岩見沢百餅祭り、情熱フェスティバルにぎわう
 【岩見沢】世界一の大臼で一度に約60㌔の餅をつく「第35回ふるさと百餅祭り」(市観光協会主催)が16、17の両日、4条通りと栄通りで開かれた。今年は岩見沢の飲食店など約20店が出店する「岩見沢なまらバル&マルシェ」が初開催され、大勢の来場者でにぎわった。また駅東市民広場公園とイベントホール赤れんがでは17日、恒例の「いわみざわ情熱フェスティバル」が同時開催され約40店が出店、野菜詰め放題などが人気を集めた。両イベントとも18日まで開催の予定だったが、台風接近のため中止した。


★衆院選10月下旬濃厚で、注目される渡辺氏の処遇
 【岩見沢】衆院選が来月下旬に行われる見通しになったことで、過去2回、自民党比例単独1位で優遇された渡辺孝一衆議(59)が今回も複雑な立場に立たされている。処遇に注目が集まっている。


★美唄市で市立図書館を指定管理に
 【美唄】開会中の市議会定例会に提案された市立図書館運営に指定管理者制度導入する条例改正案について12日の市議会総務・文教常任委員会(谷村知重委員長、6人)で議論があった。指定管理者制度の導入には2人が反対し、25日の最終本会議で討論後の採決で、原案通り可決される見通し。